14063813_1644577969204681_3795283992938962304_n
約20人の学生が二泊三日でお試し滞在に来てくれました!まさに合宿♪東京で活動する学生団体「笑顔のHATAKE」との共催イベント『そうだ!田舎へ行こう!#3』です。

ディープな山梨体験

Day1 ビヨンド自然塾でBBQ

14067476_916674078478367_2067659192489386095_n

第一日目はビヨンドを案内し、敷地内でカマドご飯+バーベキューを行いました。誰も足を踏み入れずに放置されている土地を『゛自ら開拓゛することで楽園に変えることが出来る!』という事を知って欲しかったからです。

待っているだけでは現実は拓けません。取り敢えず行動に移すというプロセスが大切であり、実はそこが一番エキサイティングなのですから!

Day2 日向山登山

20160826_7647
自分は個人的に登山が大好きです。山頂からの景色を見ると、言葉を失います。ただただ感慨に浸れるのです。山頂までの道のりがあまり楽ではないという事も、この感慨をより深いものとしてくれます。日向山登山は子供でも登れるハイキングコースなので、初心者の方でも気軽に登れるだろうと思ったのですが、とわりと多くの方から「きつい、、、」との意見が^^;

なんと登ってすぐの2合目あたりから「かなりきついから、これ以上登るのは大変~」という雰囲気がかなり大きくなって来ていたのですが、その辛さを乗り越え、6合目を超えたくらいからは皆の足取りが軽くなっていきました。

7合目を超えたくらいからは小走りする人なども出てきました!「頂上なんてまだまだじゃん、、、」というイメージから「頂上はもうすぐた!」というイメージに変化したのですね。こんな経験からも心の重要さを体験してもらえたとしたら嬉しいですね^^

山頂に到着すると皆のテンションは一気にアップ!!皆に喜んでもらえたようで本当に嬉しかったです。足を痛めていたり、体力的に辛かった方など、大変な思いをさせてしまった点は申し訳ありませんでしたm(_ _)m

Day3 お家でまったり♪

精進ヶ滝で水遊びをする予定が、大雨のために滞在施設でまったりすることに。気軽に皆でゆるくお話をする時間を持てたのも良かったです。

「山梨」も「東京」もない!

20160826_8471
3日の滞在を通し、皆が本当に仲良くなりました!山梨からの参加者と東京からの参加者が半々くらいで、山梨組は全員が知り合いという構成だったため、山梨組が固まりやすくなることもありえたのですが、実際にはあっという間に全員が溶け込み、運営スタッフは喜んでいました♪

みんな親戚、大家族!

2016-08-26 01.08.35
皆で協力してご飯を作ったり、掃除をしたり、布団を敷いたり、一緒に寝たり、、、。本当に仲良しな大家族のようでした。自分自身、そういう雰囲気が好きなので、本当に幸せでした!

テレビ、携帯ほとんど見ていない!

三日目の朝、参加者の方々が興奮しながらこんな事を話していました。
「よく考えるとウチら、三日間テレビとかまったく見ていないのにめっちゃ楽しんでない?」
「そう言えばLINEとかも殆ど見ていないじゃん!」

目の前に存在する人と目を見ながら話すのと、LINEで字+スタンプで会話するのでは伝わり方にものすごい違いがあると思います。言葉ではなく、相手の目、素振り、雰囲気から相手の心を直に感じることでコミュニケーションをするという、秘伝の?恋愛講座を特別に授けました^^

込み上げる思い! ~別れ際の涙~

14022319_295037660860525_6903997055173903873_n
三日間の開催中に参加者同士の中に出来上がった繋がりは深いものとなりました。これは言葉だけで言っても伝わらないと思いますが、本当に深いんです。それを如実に示すエピソードを紹介します。

イベント終了時のお別れ会の時です。全員から一言ずつ感想などを話してもらったのですが、段々と感極まって行き、涙がこみ上げてくるようなシーンが目の前に広がったのです!こういうの、本当に素晴らしいですね!自分も感動しちゃいました。

本当に大切なことって?

大人になると、自分の気持よりも体裁を考えたり、「メリットがあるかないか」ばかり気にしたりすることが多くなると思います。『考えて』行動するようになるんですね。でもそれだけではなく、『こみ上げる思い』というのも大切にしてもらえたら良いかなと感じています。それが彼らよりもちょっとだけ先輩の自分が彼らに伝えたかったことです。でも、こんなのは口に出して言わなくても伝わっていたようです。終わりの会での光景はそんな事を感じさせてくれました♪

いつでも帰ってきてね!

2016-08-27 14.51.55+1
イベントとはいえ、せっかく繋がれたのでまた色々と遊べるといいなと思っています。参加者の皆さん、いつでも気軽にまた来てくださいね!お試し滞在施設は誰もがいつでも(要予約)気軽に来れる『みんなの家』なのですから!

2016-09-03-13-06-59

https://mina-machi.org/wp/wp-content/uploads/2016/08/14063813_1644577969204681_3795283992938962304_n.jpghttps://mina-machi.org/wp/wp-content/uploads/2016/08/14063813_1644577969204681_3795283992938962304_n-150x150.jpgヤスNews活動紹介田舎暮らし
約20人の学生が二泊三日でお試し滞在に来てくれました!まさに合宿♪東京で活動する学生団体「笑顔のHATAKE」との共催イベント『そうだ!田舎へ行こう!#3』です。 ディープな山梨体験 Day1 ビヨンド自然塾でBBQ 第一日目はビヨンドを案内し、敷地内でカマドご飯+バーベキューを行いました。誰も足を踏み入れずに放置されている土地を『゛自ら開拓゛することで楽園に変えることが出来る!』という事を知って欲しかったからです。 待っているだけでは現実は拓けません。取り敢えず行動に移すというプロセスが大切であり、実はそこが一番エキサイティングなのですから! Day2 日向山登山 自分は個人的に登山が大好きです。山頂からの景色を見ると、言葉を失います。ただただ感慨に浸れるのです。山頂までの道のりがあまり楽ではないという事も、この感慨をより深いものとしてくれます。日向山登山は子供でも登れるハイキングコースなので、初心者の方でも気軽に登れるだろうと思ったのですが、とわりと多くの方から「きつい、、、」との意見が^^; なんと登ってすぐの2合目あたりから「かなりきついから、これ以上登るのは大変~」という雰囲気がかなり大きくなって来ていたのですが、その辛さを乗り越え、6合目を超えたくらいからは皆の足取りが軽くなっていきました。 7合目を超えたくらいからは小走りする人なども出てきました!「頂上なんてまだまだじゃん、、、」というイメージから「頂上はもうすぐた!」というイメージに変化したのですね。こんな経験からも心の重要さを体験してもらえたとしたら嬉しいですね^^ 山頂に到着すると皆のテンションは一気にアップ!!皆に喜んでもらえたようで本当に嬉しかったです。足を痛めていたり、体力的に辛かった方など、大変な思いをさせてしまった点は申し訳ありませんでしたm(_ _)m Day3 お家でまったり♪ 精進ヶ滝で水遊びをする予定が、大雨のために滞在施設でまったりすることに。気軽に皆でゆるくお話をする時間を持てたのも良かったです。 「山梨」も「東京」もない! 3日の滞在を通し、皆が本当に仲良くなりました!山梨からの参加者と東京からの参加者が半々くらいで、山梨組は全員が知り合いという構成だったため、山梨組が固まりやすくなることもありえたのですが、実際にはあっという間に全員が溶け込み、運営スタッフは喜んでいました♪ みんな親戚、大家族! 皆で協力してご飯を作ったり、掃除をしたり、布団を敷いたり、一緒に寝たり、、、。本当に仲良しな大家族のようでした。自分自身、そういう雰囲気が好きなので、本当に幸せでした! テレビ、携帯ほとんど見ていない! 三日目の朝、参加者の方々が興奮しながらこんな事を話していました。 「よく考えるとウチら、三日間テレビとかまったく見ていないのにめっちゃ楽しんでない?」 「そう言えばLINEとかも殆ど見ていないじゃん!」 目の前に存在する人と目を見ながら話すのと、LINEで字+スタンプで会話するのでは伝わり方にものすごい違いがあると思います。言葉ではなく、相手の目、素振り、雰囲気から相手の心を直に感じることでコミュニケーションをするという、秘伝の?恋愛講座を特別に授けました^^ 込み上げる思い! ~別れ際の涙~ 三日間の開催中に参加者同士の中に出来上がった繋がりは深いものとなりました。これは言葉だけで言っても伝わらないと思いますが、本当に深いんです。それを如実に示すエピソードを紹介します。 イベント終了時のお別れ会の時です。全員から一言ずつ感想などを話してもらったのですが、段々と感極まって行き、涙がこみ上げてくるようなシーンが目の前に広がったのです!こういうの、本当に素晴らしいですね!自分も感動しちゃいました。 本当に大切なことって? 大人になると、自分の気持よりも体裁を考えたり、「メリットがあるかないか」ばかり気にしたりすることが多くなると思います。『考えて』行動するようになるんですね。でもそれだけではなく、『こみ上げる思い』というのも大切にしてもらえたら良いかなと感じています。それが彼らよりもちょっとだけ先輩の自分が彼らに伝えたかったことです。でも、こんなのは口に出して言わなくても伝わっていたようです。終わりの会での光景はそんな事を感じさせてくれました♪ いつでも帰ってきてね! イベントとはいえ、せっかく繋がれたのでまた色々と遊べるといいなと思っています。参加者の皆さん、いつでも気軽にまた来てくださいね!お試し滞在施設は誰もがいつでも(要予約)気軽に来れる『みんなの家』なのですから!